態度の悪い新人に怒り爆発!

私の職場には、30名ほどの警備員が在籍していますが
正直、一緒に組みたくない人がいます。

私の性格は、温厚タイプで協調性があるほうだと思って
いますが、どうしても苦手なタイプというのがあって

それは、「礼儀を甘く見ている人」です

年齢が若い新人に対しては、注意をして直してもらいますが
直そうとしない年配の新人には頭にくる時があるのです。

私は、2,3年ほど前から、新人教育の担当みたいな役割を与えら
れることが多くなりました。

この業界は、他の警備会社から移ってきた経験者が多いです。
うちの所長は、面接時にその「悪い個性」が無いかを見て
採用の基準としているようですが、

彼らは、それなりのキャリアがあるために、
前の職場でのやりかたや、ルールなどを引きずる人が多く

入社時こそ、比較的おとなしく、一応先輩のやりかたに合わせ
るのですが、1週間、1ヶ月ともなると「我」というものが
出てきます。

みんなの手本となるような良い個性ならばいいのですが
個性的な性格ということで済まされないほど、
チームワークに悪影響を及ぼす困った個性の人もいるのです。

下番時に「Hさん明日も一緒なんで、お願いします」と統制を
伝えた際、こちらを見ることなく、スマホを見て「あぁ」

あぁ・・・? ・・・あぁ   だと?
私の怒りのスイッチが入り、つい

「おまえ!聞いてんのか!」と叫んでしまいました。

怒りMAXの私の大声で、場の空気が一瞬で変わったのがわかりました。

そしていつの間にか、明日の統制も・・・課長すみません (ノ_<)





















2017/12/03 21:33 | 警備員のモラルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

関西弁に押しまくられる警備員

関西弁にビビる朝

今日は、中学校の敷地の中での交通誘導でした。
土のテニスコートを、人工芝に変えるという改修工事です。

朝礼中でした。現場代理人から「今、トラックが着いてる」
という指示があり、慌てて中学校の正門に走っていくと

既に関西ナンバーの大きなトラックがハザードを点け待機していました。
朝の交通ラッシュの時間です。
車線を変えることが出来なかった数台の一般車が、迷惑そうに並んでいます。

普通のことだとは思いますが、朝なので
「おはようございます!」と私はドライバーに挨拶をしました。

「こっから入れるんか? 入らんやろ?」携帯を持ちながら
交通誘導員の私の挨拶など、いきなりの無視です。

彼は「柿の木ィの枝が箱にあたりそうや、無理やろこれ」
仏頂面で車から降り、じっと正門横の柿の木を見上げています。

とりあえず、この大きなトラックを何とか正門に入れないと、
ここの、渋滞は解消できない状況なのです。

「まず、やってみてください」と私が言いました。
すると、「無理に下がって擦ったらどないするんや?」と関西人、ビビる私
3分経過、ついに道路は数十台の大渋滞となってしまいました。

「じゃあ、この渋滞、どうするんや?」
私も妙なテンションになり、へんな関西弁を叫んでしまいました。

「・・・」ドライバー沈黙の中、私は「怒り」のひとり片交です。

まもなくフォークリフトを運転し、代理人が登場
10分ほどかかりましたが、横付けした荷台から全部の物を降ろしました。

ビックリして跳びあがるほどのホーンを鳴らし、今度は笑顔で
関西ナンバーは帰っていきました。

どうして関西人に対し、プレッシャーを感じるのだろう、関西弁は苦手だ。

朝から疲れた今日の出来事。

2017/11/03 02:21 | 警備員の気持ちCOMMENT(1)TRACKBACK(0)