さらば巨漢の警備員

交通誘導のキャリア20年の 「文ちゃん」が入社したのが昨年の夏
年齢では私の先輩でありながら、とっても低姿勢ですぐに親しみがわきました。

身長が170センチ体重130キロ超(推定)の巨漢の「文ちゃん」
最近は3ヶ月ほど公営住宅の新築工事現場の出入り口警備に従事していました。

現場では作業員にもイジられキャラで、いつのまにか文ちゃんから「ブーちゃん」
と呼ばれるようになっても、いつも笑顔でまわりを明るくしてくれました。

しかし入社直後から、プライベートではかなりの問題児と噂されていました。
酒好きの「文ちゃん」はそれ以上に無類のギャンブル好き。

特にパチスロに対しての知識や情熱がすごく、現場が終わるとパチ屋に直行!
2万円だ5万円だと、常に勝った話しかしない「文ちゃん」

そんな「文ちゃん」が突然会社を辞める・・・。
理由は借金でした。

サラ金の督促電話が会社に来るようになり、借金生活が発覚。

さらに彼は、前の職場でも同僚からも少額の借金をして返さず退職をしてきた
事実も判明したため、重大な問題とし、所長との話し合いで退職になりました。

巨漢の「文ちゃん」のためにあつらえた、特大サイズの警備服は皆の記憶と
ともに、永久に備品保管庫の肥やしとなる事であろう。

2017/06/11 01:07 | ガードマンCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

警備員 半日仕事の連続

交通誘導員の辛さに泣く

数日前から、舗装工事の現場に配置されています。

警備員という身分なので、現場を選ぶことは許されませんが
出来ればやりたくないのが舗装現場の交通誘導です。

日給制という働きかたを選んでしまったため、仕方ないのですが
舗装工事というのは、天候に大きく影響されます。

6月に入りました。
昨日も今日も弱い雨が、なぜか お昼すぎから降りだします。

止まない雨と判断された舗装工事は中止となります。
嫌な予感が的中 昨日に続き本日も作業ストップとなってしまいました。

3日間連続で半日終了です。
ちょうどお昼であったため、監督からは半日分しかサインを貰えません
つまり、私の日当も50%ということか・・・。

「稼ぐことが出来ないので、現場をかえて欲しいのですが・・・」
会社に下番連絡をした際、所長に直訴しました。

「大丈夫、明日は晴れるよ!」
と、言われ モヤモヤした気持ちのまま 片道1時間の道を帰る私でした。



2017/06/06 17:29 | ガードマンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |