新人女性警備員との2日間

女性交通誘導員

2号業務の求人に応じる人がめっきり減った昨今
新任教育の実地研修でやってきた女性警備員
40代のシングルマザーでした。

交通誘導員の仕事をする女性は非常に珍しいので
現場では、良くも悪くも思いっきり目立ちます。

この現場は、工事車輌の出入り誘導が主な仕事で
適度に忙しく、現場の雰囲気も良いので新人の研修
に適していると思います。

そして、現場から歩いて30秒の所に仮設トイレがあり
女性の研修現場としては、非常に大事な環境なのだ
と容易に理解できました。

さて、新人女性交通誘導員の仕事ぶりは
「愛想よく、無難にやるタイプ」

特に指導などしなくても、警備員としての資質は十分
備わっています。

張り切りすぎる、新人を制止して、12:00
会社から、彼女を乗せてきた私の車内でお昼です。

いい歳の男女一緒の車内、貴重な昼の残り時間
いつものように、シートを倒して昼寝する訳にもいかず

助手席で、スマホをひたすら見続ける彼女との
沈黙に耐えられなくなった、つまらない男の私

考えた末「ちょっと電話してきまーす」

あー結局こうなるんだよな・・・。





2018/06/12 00:04 | 新人警備員COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

新人警備員の退職


交通誘導員の仕事が一番きつい
 
真夏のような暑さが誘導員の体力と気力までも奪い去ります。
日焼け止めを顔や腕にたっぷり塗りますが、汗で流れて意味があるのか
どうなのか、正直どうでも良くなるほど大変な仕事なんです。

交通誘導員 夏


少しオーバーかも知れませんが、命の危険すら感じながら炎天下の中
アスファルトの上で一日を過ごす厳しい仕事です。

40代、50代の警備員なら体力不足は、なんとか精神力でカバー出来ますが、
60代ともなれば、午前中の涼しい時間帯は大丈夫でも、午後の日差しと気温
にギブアップしてしまうようです。

夏の交通誘導の仕事は離脱者を出す

本格的な夏を前にして、早くも離脱者が現れました。
あの、新卒で交通誘導員となった彼です。6月末で退職とのこと。
若者はもっと良い職業を選べます。だから私は賛成です。

交通誘導員の仕事にとって、春先は気分的にも体力的にも程よく行うことが
出来る一番良い季節なのですが、梅雨から初夏に向かうこの時期の交通誘導員の
仕事の不快さは、経験しないと解りません。

高年齢化が進む 交通誘導員の仕事

ハローワークに募集をかけても、求人誌に載せてもさっぱり反応が無いと聞きました。
20代、30代の警備員を見かけることの少なさ・・・。
この業界の行く末を仲間と危惧する中堅警備員の私です。


2014/06/26 19:52 | 新人警備員COMMENT(3)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»