50代の臨時警備は日給が高い

警備業界は好景気らしい
 
臨時警備 花壇の巡回

久しぶりに事務所に寄りました。

私にむかい、見慣れない2人が緊張気味に会釈
警備部長が、警備員の新任教育を行っていました。

ここ暫くの間、新人さんが入社していなかったので
仲間が増えるということに、少しホッとします。

新人警備員の お二人は、40代後半か50歳くらい。
清潔感があり、真面目そうなので警備員としては◎

工事現場での交通誘導ではなくてイベントや、施設の
防犯的な警備の仕事をメインにした、臨時警備の募集
で採用された人ということでした。

今回の臨時警備業務は、「花壇の見張り」
秋の植物祭りのコスモスなどの花壇にお客さんが立ち入ら
ないように見張るのが仕事とのこと。

日給が12,000円で6時間勤務という、条件が良いバイト
なのですが、なかなか希望者が現れなかったらしい。

新人のお二人は、イベントなどが無い時は休みを希望。
つまり、おいしい仕事しかしないということか・・・?

警備業界は人材不足で、ガードマンの確保が難しいのです。
高単価な受注が我々警備員の待遇にも反映され続けて欲しいです。


2017/09/16 21:32 | 日給高いアルバイトCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

警備員の給料前払いは可能か

「警備員の給与 前払い」 

警備員給料 前借り

最近、求人広告で 「給与前払い出来ます!」
という文言を目にします。

給与前払いサービスって・・・何?

警備会社が、「うちの会社は前借り制度ありますよ」
って、求職者に対してアピールしているのだろう。

何となく、そう思っていました。
確かに警備員の給料は少ない上に時期的な波があります。

稼動が少ない4月、5月など、日給制が当たり前の
交通誘導員の給料は繁忙期の半分程度となります。

私にも経験がありますが、生きていくためには給料の
前借りは仕方のないことなのです。

どうやら、「給与前借りサービス」というのは、経済的な理由
で流出してしまう人材のつなぎ止めという、会社にとって
前向きな前借り制度をサポートする会社のサービスでした。

なるほど、これなら つなぎ融資的な目的でサラ金から
お金を借りることも無くなるかも知れませんね。




2017/09/08 16:33 | 警備員とお金COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»