FC2ブログ

警備員不足なら給料上げてよ

警備員の安い給料に不満

「俺の給料、なんで新人と同じなの?」

7月の給料日、ベテランのKさんが声を荒げました

公共工事に欠かせない交通誘導員、完全な人手不足です。
キツイ仕事は誰だってやりたく無い訳だから、せめて待遇を良く
して人を集めるしかないはずですが、さっぱり仲間は増えません。

資格など持っていないと、相変わらず最低賃金を少しだけ上回る
日給で働かされているのが現実です。

交通誘導員には簡単になれる、なので年配の方が非常に多く
それはそれで雇用の受け皿ともなっているという現実も確かです。

待遇に差は無いのは、新規に求人をかける際に
日給を高くし募集します。
ところが、この日給は、この道20年ながら資格を持たないKさん
達と全く同じ金額なんです。

事務所内に緊張が走り、重たい空気の中
感情を面に出さない、うちの所長の出した答え

「わかってる、来月から順番にみんなの給料を上げていく」

おぉ、では私の給料も上がるかもしれない・・・。
ベテランのKさんも納得したようだが、でも幾ら上がるの?
Kさん、前回は1日50円UPだったとのこと

きっとまた50円の昇給か・・・月にして1,250円UP
つまり、Kさんは新人君より1,250円の差しかない。

「警備員なんて、頑張ったところで何の見返りは無いよ」

私が新人のころ、ずっと年上の先輩に言われた言葉
いま、私の胸の中でモヤモヤしています。


2018/08/09 16:39 | 交通誘導員の年収COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

警備員熱中症で救急搬送

熱中症と交通誘導員

2018年夏、猛暑が続いています。
屋外で仕事をする私たちにとって最大の試練です

交通誘導員には、強い日差しが容赦なく降り注ぎます。
現場の安全を守るという職務上、逃げることは出来ません

実際、熱中症でダウンする同僚を何人も見てきました。

具合が悪くなるのは仕方ないのですが、現場で業務中
にダウンされると、まわりの人間は体力的にも精神的に
も、大変なダメージをうけてしまいます。

そしてまた今日も一人、舗装工事現場で倒れました。

一般のドライバーが、「向こうのガードマン倒れてるよ!」
と教えてくれたので、すぐにダンプ出入り口の彼のところに
駆け寄ると、白目をむいて横たわっていました。

呼びかけても弱い反応しかなく危険な状態と判断
した私は、ためらうことなく119番通報しました。

ヘルメットと靴、そして上着を脱がせてから、
携帯で会社に状況を伝え、代理人への連絡を頼みました。

やがて救急車が到着、倒れた同僚は搬送されました。

搬送から10分後、外出していた代理人到着
第一声が「救急車呼んだの?まずいなぁ・・・」
私「すみません・・・」

わかります、「労災」ですから。
だから、ついそんな本音が出てしまう・・・。

やがて現場には警察、消防 市役所、元請会社 
ぞろぞろとやってきました。

業務中、熱中症で倒れられると、倒れた本人以上に
まわりの人がダメージを食らいます。

そして、事故状況を聞かれたら正直に言うかどうか
迷うことがあったりもします。

この同僚、先週も別の現場で熱中症搬送され
ているという不都合な事実を・・・。








2018/07/28 01:48 | 交通誘導は命がけCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»